施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~オーナー様の土壁塗り体験Ⅱ

Series
チカ
山梨営業所

 

こんにちは、山梨営業所のチカです。
先日、山梨営業所からほど近い、北杜市大泉町の土壁塗りを見学させていただきました。

2月初旬の「荒壁塗り」に続き、
この日はお施主様ご家族が「中塗り」の塗りを体験されていました。

現場に着くと、

左官屋さんにアドバイスをもらいながら、壁塗りがはじまっていました。
子ども達もみんな、真剣に頑張っています。

土壁は、2度塗り重ねます。1度目は「荒壁」、2度目は「中塗り」。
今回は2度目の「中塗り」。
しかし、実はこの中塗り、けっこう難しいんです。
1度目に塗って、乾いてひびが入った荒壁に、土を塗りつけていくのですが
しっかり押し付けたつもりでも、ズルッと落ちてきてしまうのです。
(左官屋さんは匠の技で、すいすい塗っているのですが・・・)

でも、苦戦しながらも、皆さん楽しそう。

 

お兄ちゃん、上手!
子ども達もずっと集中して、頑張っていました。

高いところは、お父さんが担当。
窓と天井の間の、狭いところもしっかり塗っていきます。むずかしいところ。
この一面は引き続き、ご家族で漆喰も塗られるそうです。

集中して、言葉少なに手をうごかすご家族。
家族で、1つのことに取り組む時間って、あるようで無くて
それが家に残せることって、いいなあ。

T様、現場を見せていただいて、ありがとうございました。



中塗りの土。
土壁の土は水も含んでいるから、とても重たいのです。
職人さんが、これを家中運んで壁を仕上げていくことを思うと、
すごいことだなあと、目の当たりにすると、より思わされます。



味わい深い、コテの跡。

 

=チカ=

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村