施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

~ 感 謝 ~

Series
植松
八ヶ岳営業所

みなさん、こんにちは。

明日は、いよいよ八ケ岳感謝祭♪
私は、なかなかお客様に会えないので、とても楽しみです☆

『感謝』と口にするけれど、よくよくの意味はわからず…調べてみました!
※私なりなので間違っていたらすみません!!

【感の意味】

○深く心が動くこと。
○物事に接して生ずる心の動き。感じ。

【謝の意味】

○お礼を言う。ありがたく思う心を言葉に表す。
○わびを言う。あやまる。
○ことわる。拒絶する。
○お礼やおわびを表す金品
○入れかわる

 

『感』は、まず、何かに接しなければ意味が無いという事。
人は何もせずに1人で閉じこもっていたら、良くも悪くも、何にも生まれない。

『謝』は、言と射でできていて「言」は口を使って鍼灸用の針でさすようにを表し、
ズバリと言うこと。射るは張り詰めた矢を手から話すことを表す。
言葉を発することにより緊張を緩めるという意味。

以上。

◎私なりに感じた事◎

感謝も謝罪も、伝えることで初めて成り立つ言葉。

伝えずに後悔するなら、伝えたほうがいい。

思ってるんだけど言えない言わないとか、分かってるだろうとかではなく、ちゃんと伝える。

明日、その人に会える保証なんて誰にもないんだから。

いつか言おう、ではなく、伝えられる時に。

その時、その場所で、感じた時に。

時に感情的になってしまう時もあるかもしれないけど、話したらわかってくれるはず。

 

「ありがとう」も「ごめんなさい」も伝えれる自分は、とても幸せだな。

そうできなかった人は沢山いる。私もできなかった人がいるから。

だから、今、一緒にいる皆に感謝。(ありがと~♪)

周りにしてもらった事だけではなく、

今日までがんばって積み上げてきた自分にも感謝しつつ…☆

明日は、沢山感謝しよ~♪

うえまつ

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村