施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~オーナーさんとお豆を採る日。

Series
yosssy
八ヶ岳営業所

11月26日の「豆とやさい部」は、お豆の収穫(さや出し)を行いました~
今回は、4組のデフオーナーさんにご参加頂きました◎


足踏み脱穀機。足でぐんぐん踏んで、ローラーを回します。
カラッカラに乾いた大豆から、さやとお豆を弾き飛ばします!
バチバチ!!手が巻き込まれないように、注意~ 足踏みはずっとやっていると
疲れるから、みんなで交代しながらやりましょ~

それで、飛び出てきたお豆とさやを、わける。とにかく、地道に手で選り分ける。
だけど、さやより豆の方が重いから、がさがさっと手で振るってやれば、なんとなく
上下にわけられるね!さやから弾けていないお豆もいるけど、そういうのは腐ってたり
するから、無理に開けなくてもよさそうだね!
自分でやると、仕組みがわかり、小さなアイデアが生まれる。
みんなでやれば、早い、早い!


その後、取り残したさやと豆を、唐箕(とうみ)で風で飛ばす作戦だったけど、
これは失敗…さやも豆並みに重くて、全部一緒に落ちてきて、まったく意味ない…。
あれ~、近所の農家さんに私が教わった方法なんだけどなぁ。
「聞く」と「やる」とでは大違い!それがわかった今日。大きな収穫ですね。
今度会った時に、また聞いてみます!

で。流石集まった知恵のある大人たち。
その場にあった足場板を見つけ・・・
この網の隙間から落としたら、うまくさやが上に残り、豆だけ採れないか!?

…と実験してみたけど、足場の網の隙間に豆やさやが挟まり、どうもうまくいかず、
これも違うか… やっぱり地道に手でやるだね♪
と一同納得して、みんなの手に頼る結果になりました。


「あるもので、なんとかならないか、頭を使う。」
これって、私がデフに入社して、一番最初に教わったこと。大事にしたいと思ったことです。
身近にあるもので、創ること。それをまた、今日デフオーナーさんから教えてもらいました♪


今回ご参加頂いた、豆とやさい部の部員の皆様方♪今日収穫したお豆で、3月にみんなで味噌を仕込むこと、それを皆さん楽しみにして頂いています♪

お家が完成して住み始めてからも、こうして一緒にたのしめることが本当にうれしい!
ひとつひとつのデフの家を飛び出して、五感を使って暮らしを楽しむ「仲間」づくり。
わくわく、どきどき。うれしくて、感謝に溢れた、豊かな楽しみを増やしていきたい。
こうして「地域」みたいなものが作っていけたら良いなあと思っています。
来春は、あなたもわたしも「豆とやさい部」♪ どなたでも、ご参加お待ちしております!

yosssy

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村