施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

東北信日記〜上田モデルハウスで甘酒WS!

ハヤシ
上田本社

こんにちは (^▽^)/
お気付きの方もいらっしゃいますが、「東北信日記」という冠が
タイトルにつきました。
長野県の中でもより東北信にフォーカスした話題、情報を発信できたらと
思ってます!
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

さて、そんな東北信に位置する上田循環の家(モデルハウス)で、先日
甘酒のワークショップを開催しました(^_^)

講師に上田市で6代続く「山辺糀店」の山辺哲雄さんをお招きし、
「糀」でつくる甘酒について体験しながら教えていただくというワークショップです。

「糀(こうじ)」とは?一般的には「麹(こうじ)」と書きます。
麹は、穀類にコウジカビなど食品を発酵させるカビを繁殖させたもの、発酵の元になるもの。
その中でも、米にコウジカビを繁殖させたものを糀、と言います。

こちらです。米に花、とは実によく様子を表しています。
ちなみに糀は日本独自のものです。
一般的にスーパーで販売されている糀は一度繁殖させた後に乾燥させたものですが、
今回のワークショップでは、山辺さんで販売されている生糀を使いました!

一般的には(さっきから一般的には、と言い続けていますが(・・;)
この糀をおかゆなどのお米に混ぜて甘酒をつくりますが、今回は糀のみを
発酵させてつくる!!栄養素で見たら一緒になっちゃいますが、
こうじ菌がよりたくさん含まれています。そしてそれ以上に味の違いが!
(よりさわやかなんですよねー)

でも山辺さんが一番伝えたいのは、そういった厳密な違いよりも、
昔から手間暇かけて糀をつくっている人たちがいて、そしてそれを使って
甘酒をこれもまた手間と時間をかけてつくり、特に夏の栄養を補ったり、
生活の中で取り入れてきたというこの伝統を次世代に伝えていきたいということ。

山辺さんの優しい人柄とお話し、美味しい甘酒や糀を使った食べ物に
みなさん笑顔がこぼれる楽しい一時となりました(^_^)

今回の会場となった上田循環の家はかれこれ築10年。
先日リニューアルしたばかりのモデルハウスの様子もみなさん
楽しんでいかれました♪

甘酒美味しかったなーのハヤシでした(^_^)

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House