施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~循環の家でこども食堂

おぐっぴー
八ヶ岳営業所

今日の「八ヶ岳循環の家」には、たくさんのこどもたちが!!
DEFのわくわくさん、げんきさんがなにやら、一緒に作っていますよ~

群馬のおやまの縁日でも好評だった、木の色鉛筆でした~


刃物を使うことは、なんだか危ない気がするけど、使わないと使えるようにはならないですからね!
森での体験、楽しんでくれたかな?

さて、なんでこんなにこどもたちが集まっているのかというと…
今日の循環の家は、「こども食堂」!
みんなで美味しいご飯を囲んで、こどもも大人も楽しめる空間に。
DEFの近くにお住まいの方も来てくれましたよ~
午前中には、げんきさんの元、木の色鉛筆づくりをしました。

そのあとは、みんなでかまどご飯を炊きました。

いっぱい木の枝拾ってきてくれて、すごい強さの火に!
もう一つの口では、コロッケを揚げていきます~

こちら揚げる前。

揚げた後。

卵をつかわなくても、こんなに綺麗に揚がるんですね~!と感動しているお客さんも。
さすが、吉本プロ!
そして揚げ物は家の中でやるのは億劫ですが、最高の味方、かまどがあれば、楽しく作れちゃいます。


やはり、大勢で食べるお昼ご飯は全然違いますね!
みんなで炊いたご飯は、すこし焦げちゃったけど、た~くさん食べてくれました!

今回のこども食堂は、労協ながのさんからのご提案から始まりました。
たくさんのお客さんが来てくれて、おいしいご飯を一緒に囲めたこと、うれしかったです!
森の怪獣エコラがいるかもしれないエコラの森も近いから、ぜひ遊びに来てね。

「ご飯を一緒に食べる」
まるで当たり前のことのようですが、今の現代社会では少し間違えると一人ご飯になりがち。
私も営業所で一人お留守番していた日は、一人ご飯でたまらなく寂しかったです。
安心感や同じ味のものを共有しているということ、時間を共に消費するということは、
社会的動物の人間にとって、欠かせないもの。
また、家族以外の人と食べることも、いい刺激になります。
血の通った生きたものを血の通った生きたものと食べる。
そんな当たり前が、これからも当たり前でありますように。

おぐっぴー

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村