施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

管理部的?な一日

笹沢
上田本社

こんにちは。管理部の ~さわ~ です。

管理部というのは何をしているところか、いまいちご存じない方もいるのでは。

管理部とは、お引渡しした現場の経年検査や、メンテナンスをしている部署です。

私、笹沢は上田本社、長野、八ヶ岳、山梨事務所関係の現場を担当しています。

ちなみに、前橋事務所関係は近藤部長の担当です。

今日は1件、経年検査がありましたのでご紹介しましょう。

と、その前に上田の工事現場へ。

そう、わたくしはたまに工事現場のお手伝いもしているのでした。

いま、上田市で改修を1件担当しています。

外部と内部(リビング、キッチンなど)の改修です。

こちらは20年ほど前に大手ハウスメーカー様で建てられたお宅です。

先日、デフではおなじみのそとん壁が仕上がり、足場が外れ、外観をあらわしました。

改修の面白いのは、デフの新築ではない外観のお宅が、 ”デフチック” に生まれ変わるところです。

改修前

 

改修後

9月には内部の改修も終わり、これからまた10年、20年と暮らしを刻んで行ってくれると良いと思います。

さて、それでは経年検査のある長野へ向かいます。

 

こちらのお家は、2年前にお引渡ししたお宅です。

検査結果は、階段の巾木が収縮で外れかけていましたので、大工さんに補修をお願いすることになりました。

無垢の木を使っているデフの家では、木が伸びたり、縮んだり、ねじれたりと、新建材で作られた家ではないようなこともおきます。

2年まで経年検査があるのは、新しく建てた家が、建てられた場所や環境に順応するのに2年程度かかるとみて行っています。

もちろん、2年以上経過したお宅にもご連絡いただければ、いつでもお伺いしますよ。

 

ということで、次はお引渡ししてから5年以上経過した安曇野の家に向かいます。

こちらのお宅からは、経年検査時に直した浴室のシャワーフックが外れてしまったとのご連絡をいただいておりました。

大工さんに用意してもらった材料をもって私が直しに伺います。補修が終了し、これでしばらく様子をみて頂きたいとお伝えしました。

経年検査が終了し、しばらくぶりにお伺いするお家では、変化ぶりに驚くことがあります。

こちらのお宅では、お庭の芝がきれいに整備され、庭の一部には家庭菜園も。

ふかふかの芝生に思わず「ここにテントを建てて、寝たらきっと気持ちいいにちがいない。。。。」キャンプ好きの、いや野宿好きの本能が。。。。

うらやましい。。。。と思いながら帰路についた管理部的?な一日でした。

~さわ~

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House