施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜桐生市のオーナーさんを訪ねて +鮎の塩焼き。

mi
関東営業所

群馬県桐生市。
今年3月に、お引き渡しをさせていただいた
「季節が訪れる家」
を訪ねました◎

もともとは築80年を越える古民家でした。
残せるところは受け継いで、
新たに現代の大工さんや左官屋さんの手で改修した住まいです。

玄関へ進むと。。。。お庭ができてる!
オーナーさんご夫婦が、自分たちで少しづつ作っているお庭。
この地から出て来た石を敷いた部分と、
少し明るくしたかったところは買ってきた白い砂利。
上手!!素敵。


お家の中へ誘っていただくと、
爽やかないい香り。
いただく事が多いけど、なかなか使い切れない日本茶を
こうして焚くのだそうです。
梅雨のじめっとした気分を、爽やかにしてくれました!

小上がりの和室とリビング。
古い建具と新しいものが一緒になって、とても落ち着きます。
もう何年もずっとここに暮らしているみたい!という
オーナー様の気持ちが分かる気がします◎

80年経た家が、元気になってまた新しい家族の
暮らしを支えていく。この家の力強さ、すごいなと思いました!

キッチンにあったまな板。
これは!
以前、関東営業所に遊びに来てくれたとき
これで良かったらどうぞ。と差し上げたヒノキ板。
階段に使ってあまった部分です。
その時は端材として釜戸で使われる寸前だったのに、
ご主人がきれいに磨いて面取りしてくれて、
立派なまな板となっていましたー!
本当にいいものいただいてーと喜んで下さっていて、頭の下がるおもいです。。🙇

休日はもっぱらお庭づくり。
そんな日のお昼ご飯は、作業服のまま縁側に腰掛けて
食べるのだそうです◎

近くにはパン屋さん、コーヒー豆屋さん、八百屋さんがあって歩いていけるし
お散歩コースもたくさん。
いちじく、梅、山椒。お庭にもともとあった実のなる木もありがたくて。
この場所に暮らす事、この家のもともとの住まい手さん、ご近所さん
いろんなことに感謝されているご夫婦。
素敵でした◎

おまけ。
鮎の塩焼き。
大工さんが川で釣ったから。と持ってきてくれました!!

くらして。さんの炭を焚いて黒七輪でじっくり焼きます。
釜戸ごはんと、炭火焼魚。
この大満足感!!
臭みもなく本当においしかった!

食べられるまでに色々ありまして。。。
串がないし、炉端焼き専用の七輪ないし、
どうする?買ってくる?とあーだこーだ言っていると大工の小林さんが、
「ここにあるもので暮らすんだよ。デフは得意でしょ?そうゆうの!」と、
地鎮祭に使った竹を探してきて、割いて串をつくり、
角材に穴を開けて串をさせるものを作ってくれました。

そうだった!考えて工夫して、やってみる。
それがすごく楽しいんだった!

川の魚が上っていく姿は力強くて、すごいこと。
川に暮らす生き物のこと。
砂防ダムの話し。いろいろしながら感謝してしっかり串をさしました。

毎日、毎日、いろんなことを感じることができて ありがたいです♩

mi

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市