施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~「土かまど」と「土壁」

中森
山梨営業所

こんにちは。

山梨営業所の中森です。関東甲信越は梅雨入りしたとのことですが、今日は南アルプスも八ヶ岳も姿が見える良いお天気でした◎

そんな週末、昨日は、北杜市の「遊愉田の家」の土かまどづくりを行ってきました!
先日日干しレンガで組み上げたかまどに、中塗り土を塗る作業です。表面にひび割れが出てこないように、化粧のための土塗りです。

お施主さんと、げんきくんとの4人体制で塗りあげました!お施主さんの作業が丁寧だったので、きれいに仕上がりました~。(お施主さんは居残りで角をまーるく調整したそう)
家の玄関の前にかまど小屋も完成!一見何が行われているか分からない?、秘密基地のようです。

 

家の周りは麦畑。麦が収穫を迎え、黄色く色づいています。麦畑越しの家がとっても可愛らしく、思わずカシャッ。

 

そして今日の事。
先月無事棟上げを迎えた明野町のワイナリー。ワイン樽を保管する部屋の土壁塗りが早くも行われる!との情報を聞きつけ、ちらっと覗きに行ってきました。

現地では、足場の3階部分で、既に左官屋さんが作業中。下から見上げると、とてつもなく大きな壁・・・これ塗るのって大変そう・・・と思わずにいられません。

でも、当の左官屋さんは、メレンゲでも塗りつけているように、重量のある土をすいすいと塗っていきます。

この手つき、いつ見てもほれぼれします。
「大変ですか?」と聞いてみると、意外とそうでもないそうです。面積は大きいけど、樽を保管する部屋なので、窓枠もないし、角が4つしかないから、だそうです。細かい部分が多いほうが難しいんですね。

大工さんたちもどんどん作業を進めていて、現場を見て回るのが楽しいです◎こちらも完成が楽しみですね~~~

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家
長野県原村