施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2、どこに住もうか?

yosssy
八ヶ岳営業所

林さんのブログで始まった連載ブログ【家づくり〜夢が形になるまで】。
第2回の今回は「どこに住もうか?」。
今年の6月で原村に住むと決めて丸3年になる吉本がお送りします~(長いです。笑)

「家を建てる」を決める前に、決めること。
それは「この場所、この地域に住む」を決めること。
人によっては「住むと決めた場所」が複数になる方もいるかもしれません。


生まれ育った場所だから。家族がいるから。
仕事があって、この先もこの場所で働き続けると思うから。
こどもの、家族の幸せのため。
この場所が、好きだから。
疑いもなく。ここだと思うから。

いろんな理由があると思います。
でも「住む場所を決める」って人によっては意外と難しいことですよね。
特に移住を考えている方や、転勤の多いお仕事の方など、悩んで話される方も多いように感じます。


私は3年前、東京にいるとき「原村に住むこと」を決めて引っ越してきました。
私がそう決めた理由(経緯)を思い出しながら、書いてみます!

まず、移住を決めた理由。
①1つの場所(地域)に根を張り、「地に足をつける暮らし」に憧れてた。
②東京で(転勤もありつつ)働き続ける理由が薄らいだ。
③夫も同じタイミングで②だった。
④「いちばん私達らしくいられる場所」は、山の近くだと思った。(山登りが趣味)

移住先を原村に決めた理由。
①(赤岳登山に来て)ズームラインで八ヶ岳に恋をした。
②お互いの実家からも友人知人の多い東京からもそんなに遠くない。
③移住者が多くて、同じような価値観の人もいそうで馴染めそう。
④「自分が住むことでその場所が豊かになる」そんなことが本当にできるの!?と思えた。
⑤働きたい会社と出会った。

こんなふうに整理したのは初めてです(笑)
決めた時は、それが正解なのか間違いなのか。そんなのわからない。
周りの人たちに「大丈夫?」と聞かれても、正直自信を持って答えることはできませんでした。だってまだやったことがないし、当たり前のことですよね。
自分と夫で決めたことだったから、2人が笑って暮らせるよう頑張るしかない。それは自信じゃなくて、私たちなりの覚悟だったのだと今になれば思います。


ここに住めば「絶対しあわせ」そんな場所はないと思います。
「住めば、都」に「なる」のではなく、「する」。
と、どこかで聞いたことがありました。理想の場所は、住みながら、自分で 家族で みんなで助け合いながらつくっていけたらいいなと思います。

と…偉そうなことを綴ってしまいましたが…(~~)
原村に移り住み「中吉の家」を建てた、ぴよぴよ移住者の私達の暮らしを週末の見学会で見て頂けます!笑


アトリエDEFは、お客様が「ここに住む」と決めたその場所で、
住む方とご家族が、心も体も健康で、
そしてたのしく、一生懸命に暮らしていくことを全力で応援していきます。

yosssy

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家
長野県原村