施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

鍋敷きを手作り〜イベントレポート〜

キノ
関東営業所

 

終始、うつむき加減のイベントでした…

 

と言っても、気持ちがウツウツしていたわけではありません(^^;)

 

皆さん、鍋敷きの手作りに没頭し、下を向いての作業だったのです。

DSC_0190

 

でも、事実上、一部の方々にはガッカリな日でもありました。

 

理由は天気m(_ _)m

IMG_1007

前日の夜に前橋市の注意報を見て冷や汗がたらり。

案の定、モデルハウスの周辺は↑こんなに雪が積もってしまいました。そのため、イベント当日の朝、ノーマルタイヤのお客さまは来場を断念…

 

キャンセルの電話口で「絶対作りたいので、2回目を開催してください!(涙)」というお言葉もいただきましたので、実施する方向で調整をしております◎同じお昼ごはんを提供できるかはグレーゾーンですが…汗

 

そんな思いの、キノでございます。

その詳細は、後日。

 

 

さて。

 

手作り。

手仕事。

お金を出せばすぐに買える現代では煩わしいことと捉えられがち。

 

ですが、大工さんの手刻み木材のみを採用し、その手仕事をリスペクトしているDEFは、こんなイベントをよく開催しています。3月5日に行う味噌作りもその一環です。制作中の会話や、みんなで労をねぎらう時間のコミュニケーションは人を笑顔にすると思っています。

 

DSC_0194

 

鍋敷きを作るには、太いわら縄を丸い芯にして、その周りを細めの縄で結っていきます。

右から通して、次は左から。そしてまたその逆…

交互に繰り返していくのですが、途中でわからなくなってしまうんです。

 

また、力強く、でも縄がちぎれない程度に優しく、ギュっと締めなければならなかったり。

 

でも、ほらっ!

みんないいのができましたよ〜

DSC_0280

 

この日のお昼ごはんは、DEFのお施主様でもあるS様にご来場いただきました。普段から土鍋で料理をしたり、ご飯を炊いたりしているとお聞きしたからです。

DSC_0164

 

「厚揚げの梅干し煮」。梅干しの香りが、暖かい湯気と一緒に鼻腔を刺激して、ご飯のすすむお料理でした◎煮物に梅干しが入るという発想が僕にはなかったので、とってもウマウマ(^^)

ご参加の女性の方々は、壁に張り出したレシピを携帯・スマホでパシャリ!してましたよ〜

 

DSC_0271

 

土鍋は、土でできています。その名の通り。

保温に優れています。

調理が終わってしばらくしたのに、湯気はユラユラ長い間見えていました(^^)

 

DEFは土壁をおすすめしています。

リビングから入ってくる冬の低い太陽の光で暖められた壁。薪ストーブで暖められた壁。一度暖まった壁の温度を、薪ストーブなどで冷めないようにしてあげると、暖かく冬を過ごすことができるのです(^^)

 

夏は夏で涼しく過ごせることができるのですが…このお話は夏までとっておきましょう(^^)

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市