施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜土レンガ作り【リベンジ】

キノ
関東営業所

 

2017年、もう2月に入ってしまいましたね。

豆まき、しましたか?恵方巻き、食べましたか?

 

アフロのカツラをかぶり、鬼のお面をかぶったら娘に泣かれたことのあるキノです。昨晩も懲りずにまた泣かせるところでした。

 

3日(金)、またもや小川町を訪れていました。今回は、近藤さんと丸ちゃんと「ヒアリング」です。

 

施工に入る前、いや、ご契約のもっとずっと前に、土地の区画を見たり、周辺環境を見たり、(分かる場合は)四季においてそれぞれどんな気候になるのか、ご家族の人数、車の台数、お好きな外観のイメージなどなどお客さまとお話をさせていただく。これがヒアリングです。

IMG_0997

 

用意してくださっていたのは、スケッチブック。

これにご夫婦と奥様のご両親の想いを「間取り図」にして描いていらっしゃいました。

 

設計の丸ちゃんも、帰り際にこのラフイメージをカメラでパチリ。参考にさせてもらいます。

 

さて、同じ日の午後、タイトルにした「土作り〜リベンジ〜」を営業所の皆で行いました!

以前、「残念なお知らせ」という回でレンガに霜が降りて失敗したお話をお伝えしました。

img_0920

 

このリベンジです。

 

「(乾燥させるには)屋内じゃないと無理でしょ。」

「ストーブの横なんて良いんじゃない?」

「お客さんが来たら、(発酵した土の)匂いに驚いちゃうよ!」

「じゃ、事務所で乾かす?」

「あたしのデスク、奪わないで(涙)」

「…orz(全員)」

 

いったんはこんな会話で妖怪ムリカベ(※)に取り憑かれた営業所一同。

※出典「妖怪ウォッチ」

 

しかし、「とにかくつくるよ!」とした作業日(3日)の朝、小川町に向かった車中や、営業所での会話の中で、それぞれ同じ共通のキーワードを話していました。それは…

 

 

ビニールハウス

 

 

YES!霜対策にはこれでしょう。

 

寒い時期の土壁の施工では、屋内で練炭を炊いて暖を取ることもあるのです。

そんなアイディアもあがりました。

 

 

これなら予定通りの外で乾かすことができるので、臭気も、嫌気もありません。

土作りリベンジ、みんな笑顔で取り掛かりましたっ!(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

 

DSC_0001

DSC_0007

DSC_0012

 

みんなでやると作業も早い!人間ってやっぱり協力するとすごい力になりますよね〜

 

「二人がこういう角度になると作業効率あがるんじゃない?」

DSC_0003

 

「こっちで土を詰めるから、外した後の型枠洗って!」

DSC_0030

 

「そのすきに、俺が運ぶぜっ!」

DSC_0020

 

「これ、めっちゃ綺麗にできたじゃん◎」

DSC_0017

 

「もうちょっと空気抜くように詰めてみたら?」

「最初っから見てたわけじゃないのに、イチイチうるさいっ!(怒)」

「じゃ、(型枠)抜いてみなよ」

(スポっ)

「((((;゚Д゚))))スキマデキテル」

 

空洞ができないように土を詰めるのがポイントなのです。あとあとの強度を心配すると。

(↑は木下夫婦の会話でございます(苦笑)真実を隠すことなくお伝えしていきましょう。)

 

まぁ、そんな感じで喜怒哀楽を出しながら(言い過ぎ?)繰り返すうち、みんな上手になり、スピードもあがり◎

 

最後は近藤さんと一緒に乾燥スペースを囲いました。

ビニール製のむしろ2枚、さらにその上からブルーシート。お手製ビニールハウスです。

これで夜間の寒さ対策はバッチリ。

DSC_0034

 

そして翌日の朝10時。しっかり太陽が昇ったところで風通しを良くしてあげます。

DSC_0002

 

そしてまた日没になったらシートを留めます。

 

この方法で2週間。毎日チェックして、レンガの状態をチェック!

 

天気が良くなることを祈りましょう(^人^)

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市